まるバツのお城

つれづれ出来事やネコ話、読書感想文など。また現在のはまりもののお絵かきなどもときどきアップしたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

死の秘宝

具体的な内容についてはあまりふれてないつもりですが、
ハリー・ポッター最終巻、『ハリー・ポッターと死の秘宝』を未読の方、ネタばれご法度という方は読まない方がよいかと思われます。

大丈夫!という方のみ以下からどうぞ
















翻弄されました。

ようやくハリポタ最終巻を(人様に貸してもらって)読み終えました。
途中の巻で少し散漫になったりして色々ブツブツ言ったりもしましたが、最終巻はやはり圧倒的でした。読むのが止まらなかったよ!


この期に及んで出てくる出てくる謎の数々、伏線の解明。

そしてある意味ダンブルドアの物語でもあった最終巻でした。

食えないジジイとは思ってましたが、予想以上にタヌキだったよこの人!
どこまでも清廉に見えたダンブルドアが実は…というのが最大の目玉のひとつともいえるでしょう。
実は悩みや葛藤、愛憎の複雑なものを内面に持っていたダンブルドア。
誘惑にかられて危うく道を誤りかねないこともあったという事実は、ここにきて彼を聖人ではなく、ひとりのただの人間だったのだとハリーにも、読者にも認識させてくれました。

また改めて思うのはこの小説の臨場感ですね。
読者がハリーと完全一体になって同じ感覚を味わえる、というのが児童書としても世界的ベストセラーとしても成功した一因なのではないでしょうか。

しかしやはりちょっと殺し過ぎってのはありますが。本当に容赦なくやってくれました。あの人もこの人も…。驚くほどあっさりとした突然の死ばかりで。
そして特に二つの死では大泣きしてしまいました。
ちょっと誰だかは言えませんが、どちらも自分をかえりみず、ハリーのために身をつくしました。一つは純粋な感情から。もう一つはあまりにも複雑な感情を持ちながら。


大いに翻弄されましたが、結局どんな出来事も人の心が結果をもたらすというメインテーマを貫いたこの作品はやはりすごかったのだなあとしみじみ思います。

そしてラストまでの道筋がわかってから、逆に新たな視点で一巻から全部読み直したくなる誘惑にかられるというのが恐ろしい所です。
やべーよ、本気で一巻から全部読み返したい。一巻しか持ってないのに!(あとは借りました)

世界のハリポタは、やはり怪作でした。
スポンサーサイト
つれづれ | コメント:0 |
<<コレクティブ | ホーム | ゲットだぜ☆>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。