まるバツのお城

つれづれ出来事やネコ話、読書感想文など。また現在のはまりもののお絵かきなどもときどきアップしたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ねこまんが

伊藤潤二の猫日記よん&むー (ワイドKC)伊藤潤二の猫日記よん&むー (ワイドKC)
(2009/03/13)
伊藤 潤二

商品詳細を見る


最近二冊ほど新しく猫マンガを買いました。一冊は、まあそこそこでしたが、このマンガは大変よかったです。
富江などの代表作で言わずとしれた、ホラー漫画家の伊藤潤二の猫マンガです。
もともと犬派だったそうな伊藤氏は、結婚を機に新居に越してきたところ、猫派の奥様が強引に猫を飼うと言い張って…から始まる日常猫マンガです。

もともとホラーながらどこか美麗さを持つ不思議なタッチの高い画力と、やはりホラー漫画家らしい感性でなんかおもろいことになっております。
呪い顔だが気のいい‘よん’、ノルウェイジャンのヤング派‘むー’の二匹にあっという間にめろめろになっていくさまが妙で、しかし微笑ましいです。
しかし呪いの顔なんて、ホラー漫画家さんはもうしょうがないわねぇ、とか思っていたのですが、ほんとだ、載っていた写真を見るとほんとに呪い顔でした(爆笑)なんか、目と鼻筋の間に絶妙に柄がシャドウのように入っているんですよ。

猫の描写もとてもいいです。狭い場所に顔をつっこんで変な風に顔の皮がひきつれる様子や、錯乱したようにおもちゃに飛びかかる体の動きは激しくて超リアル。確かにこんな風にすごい恰好の手足になるよ、とうなづけると共に、さすがの観察眼に感服です。

ともかく予想異常にこの猫マンガはヒットでした。かなりオススメです!
スポンサーサイト

いろいろ感想文&本やさん | コメント:0 |
<<チャロは明日で最終回 | ホーム | 高杉晋作をおっかけて萩~下関の旅 その1>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。