まるバツのお城

つれづれ出来事やネコ話、読書感想文など。また現在のはまりもののお絵かきなどもときどきアップしたいと思っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

素晴らしい最終回

終わった。すばらしかったです。
何って、
魔人探偵脳噛ネウロですよ!!

実はこの作品はジャンプで見てても今までずっとスルーしていました。
絵の印象からとっつきにくい感じがしていたし、基本の設定わかんないし。正直うまいと思わなかったので。
だけどなんでしょう、1ヶ月位前に突然、
「そうだ、アニメ版のネウロ見てみよう」
と電波を受信したかのように急に思い立ちました。
今は、色々見れる手段があるじゃないですか(笑)



以下ネタバレ多数あるので続きへ。おまけに超長いよ!


で、見ました。2クール分を二日で(爆)
制作はマッド○ス。しかも割と本気出したマッドハ○スで作りが熱い。グロいだけかと思った作品が思いのほか深い。キモいかと思ったキャラクターたちが思いのほかイケている。

べ、別にネウロの声がまた子安だなんて、そんなばかな。また子安が呼んだのかとその点は軽く泣けるんですが、ネウロ子安は最高でしたよ。正直キースよりも高杉よりも生き生きして…げふんごふん

久々の主役級で異常に喜んでたしね…。ドS声ぶりぶりかわいこぶりっこ声のコラボキャラなんてまさに子安のためにあるようなキャラですよ。
まあ子安のグッジョブは置いておいても、作画キレイだしテンポもいいし、ヒロインのヤコちゃんもかわいいし、サブキャラも味があるし。話も基本毎回謎解き形式で普通に面白いうえ、底しれない何かも感じるわけです。

アニメはもう終了して一年位経ってるし、原作とはいろいろ設定変えて、アニメ版のオチもオリジナルバージョン。アニメの設定はそれはそれでまとまっていてよかったと思いますが。


…それから一週間後、耐えられず原作に手を出しました。そして二日で完読(またかよ!)

深すぎる。予想以上に深かったです。
頻発する残酷ネタ、ある意味B級なビジュアルの数々、謎解きは謎解きものとしては成立していない。
しかし!これが、残酷ネタのくせに、意外に少年誌らしいギリギリの歯止めがあって、妙にスカッと行われているためにそれほど血なまぐささを感じない。
B級なネタ、著者わかってやってます。確信犯です。エンターテイメントにはあえてそういう要素も必要という前提です。
謎解き漫画ではない。だって著者の松井先生もミステリファンじゃないし。これは論理立てて謎解きする必要性はない、感覚で犯人を当てればいいというのがコンセプトの漫画ですから。

そのくせ伏線が半端ねえし!それぞれ確立した小さなエピソードが全体としての大きな流れへとすべてが繋がっていくさまは圧巻です。

毒性、意外性、裏の裏、しかし王道。
ダークサイドの象徴である魔人ネウロはサド、客観的な超絶悪を。
大してヒロインであり真の主人公のヤコは、実は友情・努力・勝利のジャンプ三原則をを体現しています。
さまざまな事件や人々と出会うことによって、二人は成長、変化していきます。
最初ただの餌の元としか人間を認識していなかった魔人は、いつしか少女や人間たちを有意義な一個体とみなし、明らかに感情的なものが発生してきて。
ただの女子高生だった少女は人の死とその背後にある各人のあり方に触れることによって人間的に成熟し、力強い自立心を得ます。

これらを決して甘くはなく、どこまでも冷静な視点から漫画として描いて、きっちりまとめました。
人気が出てもキャラクターにのるばかりで話も伸びたゴムみたいになったあげくいきなり切られる。なんてこともままあるWJでよくできたと思います。
どこかのサイトさんで「漫画は画力でなくて絵心だよ」と言っていた方がいましたが、本当にそうだなあと思い知らされました。そして漫画は漫画力だ!

松井先生、すごかった。四年間お疲れ様でした。そして本当に面白い漫画をありがとうございました。
滑り込みセーフでしたが、作品の最後に立ち会えて光栄です。次回作も本気で期待しています。



や、未読の友達、だまされたと思ってこの漫画はぜひ読んで欲しいです。しかし何系漫画って説明しにくいなあ…。
うーん、あえていうなら、寄生獣に感動した人ならこっちもOKだと思いますよ。
しのごの言わず読めってことです。


スポンサーサイト
つれづれ | コメント:0 |
<<そういや最近の自分携帯なんですが | ホーム | ロマンティックティーンズノベルス>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。